クリアブルー排卵検査器 タッチパネル式を購入後2周期目で妊娠!

妊娠中ゆり

今回は私の体験談をお話ししますね。

 

排卵日の最大5日前から分かると評判の、クリアブルー タッチパネル式排卵検査器

普通に売っている排卵検査薬に比べて価格が高いので、購入するまでものすご~~く悩んだのですが、「悩んでる時間がもったいない!」と思い、半ば勢いで購入しちゃいました(笑)。

 

そしてその結果、幸運にも2周期目で妊娠することができました。

 

もちろん、価格が高いからと言って妊娠率が高いわけでもないですし、単なる偶然かもしれませんが、私としてはこのタッチパネルの排卵検査器を買ってなかったらまだ妊娠には至ってなかっただろうなぁ~と思ってます。

なので、私としては超おすすめ!なのですが、使う前には分からなかった問題点などもありましたので、それも含めてお話しいたしますね。

 

クリアブルー タッチパネル式排卵検査器


 

クリアブルー排卵検査器のここがスゴイ!

 

まず、数ある排卵検査薬の中でも私がこのタッチパネル式を選んだ大きな理由は以下の2つです。

1.排卵予定日がデジタル式で表示されるので「誰でも」簡単に予測することが可能だから
2.LHサージだけでなく、その前に出る「エストロゲン」も感知して教えてくれるのでタイミングがとりやすいから

 

多くの排卵検査薬は、出てくる線の濃さで自分で判断しなければいけません。

「だんだん線が濃くなってる!もうすぐ排卵しそう!」
「あ、線が薄くなってきたからもう排卵しちゃったのかな?」

といった具合ですね。

 

それに比べて、タッチパネル式は「Low」「High」「Peak」の3つの段階に分かれて表示されるので、パッと分かりやすいというメリットがあります。

 

★この期間に性行為をしても、妊娠する可能性が低い★

(ただしゼロではない)

 

 

 

 

★この期間に性行為をすると、妊娠する可能性が高い★

(LHの上昇前に活発になるエストロゲン増加を感知した時に表示される)

 

 

 

 

★もっとも妊娠しやすい状態★

(排卵の24~36時間前に起こるLHの急上昇が感知された時に表示される)

 

 

 

出回っているほとんどの排卵検査薬で分かるのは、この「Peak」のみです。

でも、実際はPeakが出た時にタイミングをとっても手遅れな場合があります。

というのも、Peak表示が出た時点で既に何時間も時間が経っている可能性だって考えられますし、すぐに性行為をしたとしても、精子が受精可能な状態になるまでにはおよそ5~6時間かかると言われています。

また、卵子の受精可能時間は24時間と言われていますが、特に受精しやすいのは排卵直後の6~8時間なのです。

 

つまり、一番妊娠しやすいのは、排卵をするのを「受精可能な精子」が待ち構えている状態、ということになるんですよね。

 

ちなみに精子の受精可能期間は平均して2~3日と言われてるので、排卵2日前あたりに性行為を行うのがベストです。

これは、クリアブルーのタッチパネル式排卵検査器で言うと『High』の期間になります。

妊娠中ゆり

一番確率が高いのは、Highの期間とPeakの期間両方にタイミングを取ることなんだって!!

 

私の場合~1周期目~

「High」が来ずいきなり「Peak]になり、タイミングを逃した!

通常なら「Low」→「High」→「Peak」の順に表示されるのですが、Highが来ずにいきなりPeakが来ました。汗

しかもその日は私の予想していた排卵日よりもずっと前・・・

「壊れてるのかな?」と思い、そのまま様子を見ていたら、そのちょうど2週間後に生理が来ました。

Highが表示されなかった理由は不明だけど、Peakの排卵予測はバッチリ合っていたようです。

 

 

私の場合~2周期目~★妊娠★

HighとPeakが表示された!

そして2周期目は、低温期10日に(無事)Highが表示されました。

そして、Highが表示された2日後(未だにHighが表示されている状態)で一度タイミング、そしてその3日後にPeakが表示されたので、その日にもう一度タイミングをとりました。

 

タイミングをとったのはその2回だけです(^_^;)

それでも、タイミングがバッチリ合っていたようで、無事妊娠に至りました!

ちなみにこの周期の時は排卵がいつもより1週間以上遅れていたので、排卵検査器を使わなければ完全にベストなタイミングを見過ごしていたと思います。

 

クリアブルー タッチパネル式排卵検査器を使う時の2つの注意点

 

周期の途中からは検査ができない

実は、私は排卵前の時期に購入さえしていればいいのかなぁと思っていたので、低温期7~8日目あたりに手元に届いた時には「今周期からこの排卵検査器を活用できる!」と思っていたのですが、、、

なんと、生理初日~4日以内に生理スタートを入力しないと、その周期は検査ができないのだそうです(T_T)

なので、2周期目で妊娠とありましたが、実際にはその前の周期をまるまる逃してしまいました。

 

検査できる時間を周期の途中で変更できない

このタッチパネル式の排卵検査器は、生理後6日目になると画面に「Test Day」と表記されます。

 

ただし、ここで注意しなければならないのが、検査できる時間は、あらかじめ自分で設定した6時間以内だ、ということです。

上の表記で言ったら「10:00-16:00」の間に検査をする必要があります。

なので、「今日は一日出かける用事があるからムリだな~」と思っても、周期の途中で時間を変更することはできません。汗

 

とは言え、毎日同じ時間帯に検査をする、ということはとても重要なので、ある意味仕方のないことなのかもしれませんけどね・・・。

ちなみに私はちょうどHighからPeakになるか?といった超重要な日(2日間)に大事な用事があったので、バッグにしまいこんで、少し抜け出す振りしてトイレで検査をしていました(笑)。(結果が出るまで5分ほどかかるので、私はそのまま放置でした)

 

排卵特定で一喜一憂するのなら、タッチパネル式が断然おすすめ!

 

以上、使う上で少し不便な面はありましたが、それでもこのタッチパネル式の排卵検査器は断然使いやすく、しかも私の場合、バッチリ排卵日が合っていました。

そして何より、排卵日前から余裕を持って何回もタイミングがとれるというのがとても良かったですね。

 

特に私たち夫婦は当時とても忙しかったので、いつもなかなか時間が合わずにストレスが溜まっていて・・・

そうしたことも、(今考えれば)妊娠に至らなかった原因のひとつじゃないかな~と思っています。

 

妊娠中ゆり

他の排卵検査薬と比べるとたしかにお値段はりますが、少なくとも私は買ってよかったです♡

せっかくのチャンスを逃さないためにも、ぜひ試してみてくださいね。

クリアブルー タッチパネル式排卵検査器


コメントは受け付けていません。